au PAYポイント運用投資は、実際、儲かるのか?【auポイント投資】 - Happy old age(幸せな老後)
FC2ブログ

au PAYポイント運用投資は、実際、儲かるのか?【auポイント投資】

055_アイキャッチ


記事を読んでいただきありがとうございます。はっぴー@happyoldage0です。

今回の記事は、

au PAYポイント運用投資は、実際、儲かるのか?

に関しての記載になります。

7311b.png

au PAYのポイント運用投資はご存知でしょか?

どのようなものかを簡単に言えば、au PAY運用投資では


■手軽に投信体験が行なえ、投資の申し込みが不要
■投資金額はau PAYポイントの範囲(口座開設が不要)
■auIDがあればだれでも行え、手数料が不要
■100ポイントから1ポイント単位で運用が可能


であり誰でも投資経験が簡単にできるサービスになります。

投資の範囲もは、「au PAYポイント」の範囲であり投資で儲けの出たポイントは自分で受け取れますが、損失が出た分は、ポイントは消失してしまうことになります。

その為、au PAYポイントが無くなってしまうかもしれないと言うデメリットはあると言うことは注意が必要です。

また、今回のブログの記事のように

au PAY運用投資は、儲かるの?と聞かれれば、掛金が少ないので、多額のポイントをGETすることはできませんが、


■安いうちに購入
■高いうちに売却


することでau PAYポイントを手にすることは可能です。

運用で稼いだau PAYポイントで、スマフォの購入代金にするか、au PAYマーケットなどで買い物も行えますので是非買いもをの行うのもどうでしょうか。

au PAYで貯めたポイントは、au PAYマーケットにて1ポイント=1円で使用できますのでau PAYポイント運用で貯めたポイントを使用してみては。
au PAY マーケット

 目 次 


なぜ、au PAY運用投資を始めたのか


なぜ、au PAYポイント運用投資を始めたのかと言えば、携帯のキャリアがauであり、au PAYポイントは日々たまっている状態でした。

もともと、au PAYポイントはスマフォを買い替える時に消費していたくらいでした。

また、スマフォを機種偏した時にau PAYカードを作成し、日々のコンビニでお茶やコーヒーを購入するときにau PAYカードで支払いをしていたため、au PAYポイントは日々貯まって行きました。

さらに、au PAYカードの現金チャージは、銀行のデビットカードでチャージする為、銀行のデビットカードもポイントもたまる日々を過ごしていました。

au PAYの現金チャージは、できるところが限られているので注意が必要かもしれません。

私は、たまたま、デビットカードがマスタだったので問題ありませんでした、JCB、VISAでは、できないみたいなので注意が必要です。

その時、日々、貯まって行くau PAYポイントを見て何か使用用途はないかと考えていたところ、au PAYポイント運用と言うサービスがあり、始めたのが最初のきっかけです。

au PAYがどのようなサービスなのかは、au PAYアプリで「ポイント運用」と言う項目があるので確認してみてはどうでしょうか。



au PAYポイント運用を実施した結果


au PAYポイント運用を始めた時は、2019/6/15から軽い気持ちで始めています。

始めたきっかけは、


■投資の申し込みが不要
■投資範囲は、au PAYポイントの範囲
■口座開設などの手続きが不必要
■手数料が不要


であり、au PAYアプリから簡単に運用が行なえたのからになります。

しかし、本格的に投資をやると考えても本当に儲かるの?と言う考えもあり、以下のルールを決め1年間実施することに決めました。

以下、2019年度に決めたルールです。


■どんなに赤字、黒字になっても本年度(2019年度)で終了
■購入するau PAYポイントは1ヵ月に1,000ポイント
■これは途中で追加したルールですが100ポイント以上の利益が出たら100ポイントを売却


2019年に全て売却させる理由は、この2年間、年の最初で株価が暴落するケースで痛い目を見ていたためです。

その為、2020年度も同様の結果になる可能性があるので、2019年度の年末に全て売却する計画で実施することにしています。

上記の考えが運よく当たり、2020年度の新型コロナ感染拡大に伴う市場の大暴落の影響を受けずに済んだのも事実です。

その為、2020年度のau PAYポイント運用投資の開始は、株価が大暴落を始めた2020/3/12から再度ポイント運用を開始できました。

それでは、2019年度の運用実績を以下に記載します。

夢をかなえるゾウ1

やりたいことが見つからない。自分を変えたいと思っている方は是非
偉人たちの名言や行動が心に響きます




2019年度:au PAYポイント運用の実績


2019年度:au PAYポイント運用の実績
 日 付   購 入   売 却 
6月 1,000
7月 1,000
8月 1,000
9月 1,000 100
10月 1,000 100
11月 1,000 100
12月 6,197
合 計 6,000 6,497

2019年度は、6月から実施し約7カ月の間、実施した結果、

■+497ポイント

を得ることが出来ました。

年利で考えると「497/6000=0.08283」となり、7カ月間の運用を考えると

■単純な利回り:14%

となり、au PAYポイント運用投資を初めて実施した結果としては、成功だったのかもしれません。

しかし、実際に運用を行った結果ですが、売却タイミングなどをもう少し考慮していれば、+1,000ポイントは行けたのではないかと改善ポイントは残る結果となりました。

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか

こんなに働いているのにお金持ちにならないと考えている人へ




2020年度:au PAYポイント運用投資の実施


2020年度のau PAYポイント運用に関しては、実施するかは非常に悩んでいたのも事実です。

理由は、2020年3月に新型コロナ感染拡大の為、市場が大暴落となったため、どのタイミングで購入するかは非常に悩みましたが、2020/3/12からau PAYポイント運用を開始しています。

2020年度は、2019年度の投資ルールの反省を生かし、以下の運用ルールを定め実施する方針としました。


au PAYポイント運用投資ルール
■どんなに赤字、黒字になっても本年度(2020年)で一旦終了させる
■基本は、1ヵ月に1,000ポイントを運用
■安値と思われるタイミングで追加購入
■100ポイント以上プラスになれば、100ポイントを売却するか検討


主に2019年度からの変更点は、以下の通り。

■1ヵ月に1,000ポイントの購入は変わりませんが、「安値と思われるタイミングで追加購入」するルールを追加
■100ポイント以上プラスとなった場合、100ポイントを売却はするが、市場の上昇を考慮して売却するかは「検討する」ルールを追加

上記、ルールを追加した理由は、

■1ヵ月に1度だけでなく何度か購入するポイントを設けた。
■市場が上昇するタイミングでこまめに売却するよりもある一定の利益が出た時に売却した方が利益が出やすい

と言う理由から追加しました。

この追加したルールが吉と出るか凶と出るかは、2020年度が終わらないと分かりません。

それでは、au PAYポイント運用投資を1か月間実施した結果を以下に記載します。

(2020/4/1夜時点の状況)
 日 付  購 入  売 却 
03/121,000
03/161,000
03/191,000
04/011,000
合 計4,0000

3月は日々暴落する市場を眺めながら購入を続けていたため、4回ほど購入をしています。

2020/4/1の23:00の状況で、au PAYポイント運用の結果は、

■4,212ポイント(+212ポイント)

の結果となりました。

4/1時点で100ポイント以上の利益が出ているので、売却を考えましたが、NYダウが下落していたので一旦売却はやめ、明日の日経平均を確認してから、追加購入するかは検討する予定にします。

今年は、どれだけ購入するかはありますが、目標としては

■+5,000~10,000ポイント

を目標として掲げることにします。



最後に:au PAYポイント運用投資は儲かるの?


どうでしょうか?

au PAYポイント運用投資は、実際、儲かるのか?

に関して記載しました。

今回の投資は、あくまでもau PAYポイントの運用投資となります。

市場が下落し基準価額が下落すれば、au PAYポイントも減少してしまいますが、現金での取引ではないので、気楽に実施できるのも事実です。

本来であれば、市場で売買されている投資信託のように長期で運用する方が良いのは事実ですが、どのようなことにau PAYポイントが使用されているかもわかりませんので長期運用が良いのかは若干疑問です。

その為、ある程度、計画を立て

■安いうちに購入
■高いうちに売却

することで利益を確定させるべきなのかもしれません。

しかし、今回運用している商品は、投資信託になるので、指値(値段を指定)で、購入・売却はできませんし、売買の指示をしてから時間が掛かるのも事実です。

購入・売却は、基本2営業日後の基準値段が採用される為、自分で思っているような基準価額で取引が出来ません

購入指示を出した翌日にどこかの大統領が、中国に喧嘩を売るようなことをされても目も開けられたものではありません。

その為、売却指示をしてから信じられないくらい下落する場合もあるんで、その時々の経済状況はある程度確認し、自分自身で予測する必要があります。

上記を考慮すると、ある程度の投資ルールは考える必要があり、

■この値段以下になったら購入しよう
■この値段以上になったら売却しよう

と言うルール決めは必要と考えます。


売却のルールの例
■市場が上昇しやすい(年末・年初)に売却する
■計画的に売却する
■金曜日や連休前に売却しない(株価が下落しやすい為)
■統計情報などが発表される日は売却を控える


しかし、実際にau PAYポイントで利益を確実に出したいと言うのであれば、こまめに売却した方が利益がでると思われます。

また、現在は、市場が新型コロナ感染拡大の影響を受けている状態なので、市場は、バーゲンセール状態です。

その為、au PAYポイント運用投資を行うのであれば、今がチャンスなのかもしれません。

au PAYで貯めたポイントは、au PAYマーケットにて1ポイント=1円で使用できますのでau PAYポイント運用で貯めたポイントを使用してみては。
au PAY マーケット

皆さんはどう思いましたか?
ご意見があれば、コメントにご意見を頂ければと思います。

また、定期的に運用状況は、記載していきますので、運用の参考にしていただければと思います。





ブログランキングに参加しています。
記事の内容に好感を持っていただけましたら、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
BLOG RANKING



記事:はっぴー@happyoldage
趣味で始めたFPの資格取得からブログを書き始めました。
記事の内容に関しては、うそを記述しているつもりはありませんがこれはなどの話があれば、コメントをください。
皆さんの幸せのお手伝いができれば幸いです。

本記事は2021.12.26に修正しています。

関連記事

コメント

非公開コメント

happyoldage

管理者:はっぴー@happyoldage0

老後をどう楽しく過ごせるのか?を考えていた時にFPの資格を目指し、現在は、2級FP技能士を取得しています。

取得した資格を生かせないかと考え始めたのが当ブログになります。記事を書くほど、このまま老後を迎えて問題ないのかと心配してしまいます。老後の資産運用は、若いうちからコツコツと複利効果で資産運用をしていくことがお勧めです。老後はまだ先と考えず、準備を始めませんか?

コメントを頂けると励みになりますのでよろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

ブログ村の入口
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングの入口

最新の記事

岸田政権の資産所得倍増で投資環境は良くなるの?|金融所得課税強化との矛盾【貯蓄】 May 17, 2022
相場が急落|インデックスファンドは売却するべきなのか?【投資信託】 May 14, 2022
円安だからこそ外貨建て預金がよい?|高い金利でも元本割れが発生する理由【デメリット】 May 07, 2022
年金繰下げ支給はやめるべきか?|損益分岐点と平均寿命、健康寿命の考え方は? May 02, 2022
遺族厚生年金の男女差別が解消される?|遺族厚生年金の男女差とは?【厚生年金】 Apr 30, 2022