得をする専業主婦・損をする共働き|受給する年金額の違いは?【第3号被保険者】 - Happy old age(幸せな老後)
FC2ブログ

得をする専業主婦・損をする共働き|受給する年金額の違いは?【第3号被保険者】

407_アイキャッチ


記事を読んでいただきありがとうございます。はっぴー@happyoldage0です。
まず、得をすると言われる専業主婦は、国民年金の定義で言う第3号被保険者が該当します。

第3号被保険者である専業主婦(夫)は、厚生年金に加入している第2号被保険者(会社員や公務員)に扶養されている20歳~60歳未満の主婦(夫)が対象となります。

kyo_001.gif

第3号被保険者である専業主婦は、毎月の国民年金保険料※1を納める必要はなく、65歳になれば老齢基礎年金※2を受取ることができ、専業主婦の年金優遇は、共働き夫婦と比較すると非常に得をする制度になります。
※1令和4年:16,590円
※2令和4年:64,816円

しかし、景気の悪い日本では、第3号被保険者である専業主婦は平成29年では870万人が対象となっていましたが、4年後の令和3年度では763万人と107万人が減少しています。

そのため、第3号被保険者である専業主婦は、勝ち組とも言われており特に20代の女性からは専業主婦になりたいと希望する方が多く(41.7%)いるのも事実です。


勝ち組と言われる専業主婦ではありますが、共働き夫婦と年金額を比較すると加入している年金も異なるため、受給できる年金額も異なります。

それでは、勝ち組と言われる専業主婦と共働き夫婦では、受給する年金額はどれくらい異なるのかを以下に見ていきます。

今回使用するデータに関しては、厚生労働省が公開している「令和3年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」を使用しています。

詳細は、以下に記載します。
以降は目次です。

au PAYで貯めたポイントは、au PAYマーケットにて1ポイント=1円で使用できますのでau PAYポイント運用で貯めたポイントを使用してみては。
au PAY マーケット

 目 次 


前回の記事

専業主婦と共働き世帯の年金額


まず、第2号被保険者である共働き夫婦と第3号被保険者世帯である専業主婦では加入している年金が異なるため、受給できる年金額も異なることになります。

まずは、厚生労働省が公開している「令和3年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」から令和3年度の年金受給額を見ていきます。

令和3年度の年金受給額
■国民年金:56,368
男性  :59,013
女性  :54,346
■厚生年金:143,965
男性  :163,380
女性  :104,686

上記の年金受給額を考慮し、令和3年度の共働き世帯と専業主婦世帯の年金受給額を考えると下記の通りになるものと考えられます。

■共働き世帯
268,066円
■専業主婦世帯
217,726円

共働き世帯と専業主婦世帯では、受給できる年金額の差は50,340円となりますが、

■専業主婦世帯の第2号被保険者はそれなりの収入がある
■結婚前までに厚生年金に加入していた

と言う方も多くいると考えられるので、専業主婦世帯でも217,726円以上年金を受給する世帯も多くるのも事実です。


また、専業主婦世帯の旦那さんは、大企業に勤めている方もいるため、公的年金以外に企業年金確定拠出年金などを受給できる方をおり、上記の平均受給額よりも多く受給できる方もいます。

そのため、単純に、共働き世帯よりも年金が少ないと考えるのは間違えかもしれません。



得をする専業主婦


第3号被保険者である専業主婦は、年金優遇だけでなく納める税金面(社会保険)でも得をします。

共働き世帯では、健康保険、介護保険などを納めますが、第3号被保険者である専業主婦は納めなくても問題ありません。

そのため、専業主婦は年金優遇以外にも社会保険の免除もあるため、非常に得をします。

さらに、第3号被保険者である専業主婦は、年収130万円※以下であれば、収入を稼ぐこともできるため、ある程度の貯蓄も可能となります。
※一部の勤め先では106万円

そのため、稼いだ給与を「つみたてNISA」などで運用を行うことで資産を増やすことも可能です。

松井証券で取り扱う投資信託は、ノーロード(購入時手数料無料)と低コストを意識した商品でラインナップされています。投資信託を始めたいと言うのであれば、松井証券で口座開設を行ってみてはどうでしょうか?




優遇を受ける年金制度


第3号被保険者である専業主婦は、年金の家族手当と言われる加給年金を受取ることができます。

受取れる条件は、いろいろありますが旦那さんが年上で、奥さんが年下の場合は、加給年金を受取ることができます。

特に年の差があれば、受け取れる期間が長くなります。

詳しい受給条件は、日本年金機構「加給年金額と振替加算」を参照ください。

受給できる期間は、旦那さんが65歳で老齢厚生年金を受給しているしている場合、奥さんが65歳となるまでの期間に加給年金を受給することができます。

受給できる金額は、年間:388,900円(223,800円+特別加算:165,100円)※を受給することが可能です。
※配偶者のみの場合

しかし、専業主婦が全て得をするのかと言えば、そうでもなく、旦那さんにもしものことがあった場合、専業主婦の方では、すぐに働き口も見つかりませんので苦労をします。

そのため、旦那さんの健康には気を付ける必要があるのかもしれません。

仮に、旦那さんにもしものことがあった場合を考えると、金銭面で心配をしてしまうかもしれませんが、年金制度には、遺族年金と言うものがあります。

令和3年での遺族年金(非課税)の平均額は、84,349円となっており、旦那さんにもしものことがあってもある程度の生活は可能となりそうです。



損をする共働き世帯


上記までに記載しましたが、第3号被保険者である専業主婦と比べると共働き夫婦は、年金保険料、健康保険、介護保険などの税金を納める必要があります。

そのため、年金保険料、健康保険、介護保険などを免除されている専業主婦と比較すると、損をしていると考えます。

また、旦那さんにもしものことがあった場合、遺族年金を受給することが可能ですが、受給できる老齢厚生年金の額によっては、まったく受給できないと言うこともあります。

そのため、専業主婦が受給できる年金額(遺族年金を含む)を考慮すると手取りで考えれば専業主婦の方が得をする場合があり、共働きの方が損をする可能性もあります。



しかし、共働き世帯は、ある程度収入はあるため、旦那さんにもしものことがあっても何とか生活は可能です。

また、年金のことを考えれば、加入している年金が厚生年金となるので、専業主婦と比較すれば受給できる年金額も多く受給することができます。



専業主婦優遇は何時までも続かない


専業主婦優遇と言われる第3号被保険者制度もいつまで続くかは分かりません。

厚生労働省では、第3号被保険者の縮小・見直しが検討されていますのでいつまでも今の制度が続くとは考えない方が良いです。



また、2023年経団連の春闘指針案では「配偶者手当」の縮小・廃止を視野に議論に進められていくとのことです。

そのため、専業主婦の場合は、旦那さんが勤める企業から配偶者手当を頂いている場合は、2023年以降、配偶者手当が縮小または廃止されるかもしれません。

配偶者手当が無くなれば、手取り金額も減額されることになるので生活が厳しきなってしまうかもしれません。

しかし、旦那さんの年収がある程度あれば、配偶者手当が無くなってもびくともしないかもしれません。

皆さんは、今回の記事を見てどのように感じましたか?

是非、質問や感想などがあれば、コメントを記載していただけるとブログ運営での励みとなりますの温かいご意見をお願いします。





ブログランキングに参加しています。
記事の内容に好感を持っていただけましたら、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
BLOG RANKING



記事:はっぴー@happyoldage
趣味で始めたFPの資格取得からブログを書き始めました。
記事の内容に関しては、うそを記述しているつもりはありませんがこれはなどの話があれば、コメントをください。
皆さんの幸せのお手伝いができれば幸いです。

関連記事

コメント

非公開コメント

happyoldage

管理者:はっぴー@happyoldage0

老後をどう楽しく過ごせるのか?を考えていた時にFPの資格を目指し、現在は、2級FP技能士を取得しています。

取得した資格を生かせないかと考え始めたのが当ブログになります。記事を書くほど、このまま老後を迎えて問題ないのかと心配してしまいます。老後の資産運用は、若いうちからコツコツと複利効果で資産運用をしていくことがお勧めです。老後はまだ先と考えず、準備を始めませんか?

コメントを頂けると励みになりますのでよろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

ブログ村の入口
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングの入口

最新の記事

ふるさと納税では節税にはならない?|ふるさと納税のメリット・デメリットは? Jan 30, 2023
ウォーレン・バフェット氏:インフレ時に行う投資とは?【自己投資】 Jan 18, 2023
株価暴落時に今一度確認しておきたい投資の格言・名言とは【貯蓄】 Jan 11, 2023
平均年金額(令和3年)はいくら?|男性・女性別、夫婦別の受給額は?【国民年金・厚生年金】 Jan 03, 2023
得をする専業主婦・損をする共働き|受給する年金額の違いは?【第3号被保険者】 Dec 30, 2022