専業主婦の年金受給はずるい?|専業主婦優遇は廃止すべきなのか【老後】 - Happy old age(幸せな老後)
FC2ブログ

専業主婦の年金受給はずるい?|専業主婦優遇は廃止すべきなのか【老後】

311_アイキャッチ


記事を読んでいただきありがとうございます。はっぴー@happyoldage0です。

今回の記事は、

専業主婦の年金受給はずるい?|専業主婦優遇は廃止すべきなのか 

に関しての記載になります。


7311b.png


世の中、専業主婦の風当たりは非常に厳しくなってきています。

特に、


■専業主婦は年金を納めていないのに65歳から年金受給できるのは「ずるい」
■専業主婦のせいで年金の財政がひっ迫している
■専業主婦を見ていると働くのが馬鹿らしくなる


の意見があるようで、専業主婦に対して不公平感を持たれている方が多くいるようです。

しかし、上記の意見に対しては、誤りの意見もあるのも事実です。

実際に専業主婦は物理的に国民年金を納めていません

その為に国民年金の財政がひっ迫しているのかと言うとそれは誤りになります。

理由は簡単で、専業主婦の国民年金の保険料に関しては、会社員が加入している厚生年金から支払われている為、国民年金の財政が圧迫することなどはありません。

この事実が世の中に浸透していない為、専業主婦は、国民年金を納めていないのに65歳から


■老齢基礎年金を受給できることが「ずるい」


と言われる所以です。

本来、専業主婦である国民年金の財源だけを言えば、まったく問題が無いのにもかかわらず不平不満を言われていること自体が誤りなのです。


それでは、以降に専業主婦の「年金に対する考え方の誤り」や今後の「専業主婦優遇は廃止すべきなのか」に関して記載していきます。

詳細は以降に記載します。
以降は目次です。

 目 次 

前回の記事

専業主婦のせいで年金の財源が圧迫しているは誤り



上記の頭出しでも記載しましたが、専業主婦が国民年金を納めていない為、国民年金の財源がひっ迫していると言う考えは誤りです。

専業主婦は、確かに国民年金の保険料は納めていないのが実態です。

しかし、専業主婦の国民年金の保険料は、会社員が加入している厚生年金から収められていることになります。

その為、専業主婦の保険料は、単純に旦那さんが納めているわけではなく、厚生年金に加入している会社員と企業が折半して納めています。

上記の考えで専業主婦の国民年金保険料が納められている為、第1号被保険者の主婦から会社員の専業主婦はずるいなど言われる筋合いはないと言うことになります。

kyo_001.gif

その為、専業主婦は65歳から年金を受給しても後ろめたい気になる必要はないと言うことになります。

そもそもの考えになりますが、専業主婦は国民年金の保険料を納めたくても納めることが出来ません

そのような専業主婦に「ずるい」「不公平だ」などと後ろ指を立てること自体が誤りだと私は考えます。

しかし、良くもわからず保険料を徴収されている会社員(特に独身の会社員や共働き夫婦の会社員)はたまったものではないと思われます。

若い会社員では、現実味が無いかもしれませんが、専業主婦(夫)と言う制度は、自分が


■出産・子育て
■親の介護
■体調不良


などになった場合でも保障をしてくれる制度であると言うことは忘れてはいけません。

これは会社員である第2号被保険者の特権でもあると言うことは忘れないで下さい。



専業主婦は年金を納めるべき?



上記でも記載しましたが、専業主婦の保険料は、厚生年金から納められています。

厚生年金の保険料がどれくらい納められているのかと言えば、専業主婦の制度である第3号被保険者性制度が出来た1985/4/1に保険料が増額(10.6%→12.4%)しています。

その為、専業主婦から国民年金の保険料を回収しようとすれば単純に保険料の2重取りになってしまうと言う事実があります。

この事実を知らない方が多くいるので、いまだに、専業主婦は国民年金を納めていないのに65歳から年金を受給できるのは「ずるい」と言われる所以です。

これらの事を考えれば、専業主婦が国民年金の保険料を納める必要が無いと言うことが分かると思われます。

そもそも、何もせずに専業主婦から国民年金を納めさせた場合、専業主婦を扶養している会社員にしてみれば単純な増税となり反発が強くなります。

その為、専業主婦から国民年金の保険料を納めさせると言うことはできなのかもしれません。





専業主婦は年々減少している



専業主婦は、「ずるい」などと言う言葉をよく聞きますが、今の日本では、共働きの夫婦が増加しており専業主婦は年々減少しています。

H27年では、915万人の専業主婦も令和元年では、820万人に減少しており、4年間の間で95万人の専業主婦が減少していることになります。

また、会社員である第2号被保険者は、H27年~令和元年にかけ358万人が増加しています。

このことを考えれば、第2号被保険者(会社員)は今後増加する傾向となり、また、専業主婦(第3号被保険者)は年々減少する傾向になります。

そうなった場合、専業主婦に対する増税を考えたとしても、正直、効果が薄いのかもしれません。



専業主婦優遇は廃止すべき?



専業主婦から国民年金を回収しようとし、専業主婦優遇制度である第3号被保険者制度を廃止した場合、どのようなことが起きるかを考えます。


●働きたくても働けない専業主婦がいることを忘れてはいけない

まずは、親の介護や子供の出産・育児、又は、病気などで働きたくても働くことができない専業主婦がいるのも事実です。

働ける環境が整えば、また職場復帰をしていただければよいと考える為、全ての専業主婦に対して優遇を廃止しろと言うのは間違えではないかと私は考えます。

また、働きたくても働けない専業主婦に専業主婦優遇が廃止になるから国民年金を納めろと言うのであれば、単純な増税となるのも事実です。

これは、古い考えになるのかもしれませんが、専業主婦の奥さんがいてくれるので旦那が会社で働けると言う考えもあります。

旦那の給料は旦那だけのものではなく夫婦で稼いだと言う考えです。

その為、単純に専業主婦優遇は廃止しろと言うのは違うのではないかと私は考えます。



●すべての専業主婦が働けないわけでもない

しかし、全ての専業主婦が働きたくても働けないと言う方でもないとは思っています。

本来であれば、働くことが出来るのに旦那さんの扶養の範囲内で労働をする専業主婦もおり、このような制度の為に女性の労働意欲が失われて行っているのも事実です。

このような方に専業主婦優遇を廃止した場合、どうなるかと言えば、専業主婦が厚生年金に加入するケースが増加すると考えます。

日本政府としては、保険料をたくさん納めてくれる厚生年金加入者が増えることは非常にうれしいことです。

しかし、厚生年金加入者が増えると言うことはいい事ばかりではありません。

上記でも記載しましたが、厚生年金の保険料は、


■会社員と会社が折半


して保険料を納めています。

その為、厚生年金加入者が増加すると企業側の負担も大きくなり、中小企業では保険料の増加が重しになり、最悪倒産してもおかしくない状態になります。

そのことを考慮すると政府も単純に専業主婦から保険料を徴収すると言うことが出来ないのかもしれません。




国民年金の財源はなぜひっ迫している



上記までに記載してきましたが、国民年金の財政がひっ迫しているのは専業主婦のせいでいはありません

何故かと言えば、専業主婦の国民年金の保険料は、会社員が加入する厚生年金から納められているからです。

そもそも国民年金の財源がひっ迫しているのは


■若者が減少し高齢者が増加している
■日本の平均寿命が年々延びている


ことが原因と考えられます。

上記を踏まえた上で、国民年金の収入源は、


■国民年金保険料+税金


で賄われています。

しかし、国民年金を納める対象者が減り高齢者の平均寿命も延び年金を受給する方が増えているのも事実です。

そのことを考えれば、支出の増加を抑えるか、収入を増やすかを考える必要があります。

まずは、高齢者の平均寿命の短縮させることや高齢者の人数を減らすことは道徳的にできるわけがありません。

出来るとすれば、支給する年金額を少なく抑えると言う考えがありますが、これを行えば生活保護を増える方を増やすだけです。

その為、できることと言えば、収入源を増やすことだけに着目する必要があります。

本来であれば、少子化をどうにかすることが出来ればいいのですが少子化の対応が取れないのであれば、


■国民年金の保険料の増額
■国民年金の引き上げ(60歳→65歳)


が考えられます。

所詮、上記の事を行ったとしても少子高齢化をどうにかしないと年金の財源は無くなってしまいます。

その為、暫定的な対策よりも抜本的な対策を行ってもらいたいものです。



最後に:専業主婦の年金受給はずるくない



どうでしょうか?

専業主婦の年金受給はずるい?|専業主婦優遇は廃止すべきなのか

に関して記載しました。

専業主婦はいろいろと優遇を受けている為なのか分かりませんが、世間からはあまりいい印象を受けている方は少ないようです。

特に国民年金を納めている自営業の主婦からは、なぜ我々は国民年金を納めているのに会社員の専業主婦は納めなくて良いのか。

また、納めていないのにどうして、65歳から老齢基礎年金を受給できるのは「ずるい」と考える方が多くいるのも事実です。

専業主婦の国民年金保険料は、厚生年金から保険料が納められている為、専業主婦のせいで国民年金の財政がひっ迫していると言うことはありません

しかし、専業主婦優遇と言われる第3号被保険者制度がある為、旦那さんの扶養範囲内で働く専業主婦がいることも事実であり、女性の社会進出を阻む事態となっています。

このようなことを考えると専業主婦優遇である第3号被保険者制度を廃止しろと言う考えは理解できます。

しかし、実際には働きたくても働けない方がいるのも事実であり、両方の意見を調整しながら制度を見直していく必要があるのも事実です。

次回の年金制度の見直しの時に第3号被保険者制度がどうなるのかはまだ分かりませんが、制度がどのようになっていくのかは見守っていきたいものです。


皆さんは、どのように思いましたか?
コメントがあれば、よろしくお願いします。






ブログランキングに参加しています。
記事の内容に好感を持っていただけましたら、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
BLOG RANKING



記事:はっぴー@happyoldage
趣味で始めたFPの資格取得からブログを書き始めました。
記事の内容に関しては、うそを記述しているつもりはありませんがこれはなどの話があれば、コメントをください。
皆さんの幸せのお手伝いができれば幸いです。

関連記事

コメント

非公開コメント

happyoldage

管理者:はっぴー@happyoldage0

老後をどう楽しく過ごせるのか?を考えていた時にFPの資格を目指し、現在は、2級FP技能士を取得しています。

取得した資格を生かせないかと考え始めたのが当ブログになります。記事を書くほど、このまま老後を迎えて問題ないのかと心配してしまいます。老後の資産運用は、若いうちからコツコツと複利効果で資産運用をしていくことがお勧めです。老後はまだ先と考えず、準備を始めませんか?

コメントを頂けると励みになりますのでよろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

ブログ村の入口
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングの入口

最新の記事

年金だけでは生活費が不足する|老後資金をどう確保する?【投資信託】 Oct 27, 2021
専業主婦の年金額は約78万円|老後資金をどう増やす【年金】 Oct 25, 2021
老後の資金はいくら必要?|65歳までに準備するべき資金は?【老後】 Oct 20, 2021
年金がもらえないは嘘。でも年金だけで生活は非常に厳しい【老後】 Oct 15, 2021
専業主婦の年金受給はずるい?|専業主婦優遇は廃止すべきなのか【老後】 Oct 08, 2021