遺族年金|共働き夫婦は不公平|働くほどもらえない!【生活】 - Happy old age(幸せな老後)
FC2ブログ

遺族年金|共働き夫婦は不公平|働くほどもらえない!【生活】

276_アイキャッチ


記事を読んでいただきありがとうございます。はっぴー@happyoldage0です。

今回の記事は、

遺族年金|共働き夫婦は不公平|働くほどもらえない!

に関しての記載になります。

7311b.png

共働きの奥さん(第2号被保険者)と、専業主婦の奥さん(第3号被保険者)では、旦那さんが亡くなった場合に受給できる遺族厚生年金がとても不公平なことをご存知ですか?

kyo_001.gif

不公平な理由は、「併給調整」と言う制度がある為、共働きの奥さんは、本来受給できるはずの遺族厚生年金が受給できないことになります。

この「併給調整」の制度を簡単に記載すると、年金は、1人の人が複数の年金を受給することが出来ないルールがあります。

あまり知られていませんが、受給できる年金は、「1人1年金」と言う考えとなっています。

その為、共働き夫婦の旦那さんが亡くなり、さらに奥さんが65歳となり老齢厚生年金を受給すると「併給調整」が行なわれ、旦那さんの遺族厚生年金が満額受給できなくなります

遺族厚生年金が単純に受給できないのかと言うとそうではなく

旦那さんの遺族厚生年金

● ≧ 奥さんの老齢厚生年金
遺族厚生年金(旦那さん)-老齢厚生年金(奥さん)の差額を受給

● < 奥さんの老齢厚生年金
旦那さんの遺族厚生年金を受給できません。

7311b.png

受給できる遺族厚生年金(旦那さん)は、老齢厚生年金(旦那さん)の3/4の金額を受給できると考えて下さい。

詳しい算出方法などは、日本年金機構の「遺族厚生年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)」を参照して下さい。

7311b.png

それでは、会社員の旦那(第2号被保険者)と専業主婦の奥さん(第3号被保険者)の夫婦を例にすると、遺族厚生年金はどうなるかと言うと、

専業主婦の奥さんは、基本的には満額で遺族厚生年金を受給※することが出来ます。

※奥さんが老齢厚生年金を受給しないと言うことが前提です。

なぜ、専業主婦の奥さんが老齢厚生年金を満額受給できるのかと言うと、専業主婦の方が受給できる年金は、老齢基礎年金のみとなり、遺族厚生年金とは異なる年金になる為です。

その為、共働きの夫婦の奥さんは、老齢厚生年金を受給できるので、遺族厚生年金を受給できようになると、1人1年金の考えから外れてしまうので併給調整が行われます。

しかし、専業主婦は、老齢基礎年金と遺族厚生年金の考えになるので、1人1年金の考えに当てはまり、遺族厚生年金を満額受給できることになります。

専業主婦の方でも、結婚する前に会社員であった場合、若干、老齢厚生年金を受給できる方もいると思いますが、その方も「併給調整」で差額のみを受給することになります。

それでは、この「併給調整」と言う制度に関して、詳しい内容を以降に記載していきます。

詳細は以降に記載します。
以降は目次です。


 目 次 


前回の記事

併給調整とは




併給調整とは、一人の人が複数の年金受給者となる場合は、いずれか一つの年金を選択しなければいけないと制度です。


どう言うことかと言うと、一人の方が複数の年金を受取ると年金の過剰給付となる為、基本的な年金の考え方は、「1人1年金」と言う考え成り立っています。

上記で記載のある複数年金とは何を言っているのかと言うと我々が受給できる年金の制度には下記の物があります。

 ■ 65歳から受給できる年金には、「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」
 ■ 病気やケガで働けなくなった場合は、「障害基礎年金」「障害厚生年金」
 ■ 遺族が亡くなった場合は、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」

それでは、上記に受給できる年金ですが、どれが、併給(受給)できる組合せかと言うと以下の組み合わせになります。

年金種類 老齢基礎 障害基礎 遺族基礎
老齢厚生
障害厚生
遺族厚生
〇:基礎年金と厚生年金の為、併給可能
△:例外的に65歳以上の場合、併給可能
×:併給不可

上記以外の組合せとして、65歳以上は老齢厚生年金と遺族厚生年金は併合可能になります。

それでは、受給する遺族年金が併給受給される金額はどうなるのかを以降に記載します。

併給調整される金額はいくら受給できる?



それでは、「遺族厚生年金」「老齢厚生年金」の併合調整の金額がどのように行われるかを以下に記載します。

併合調整後の遺族厚生年金は、

 ■ 遺族厚生年金
 ■ 遺族厚生年金×2/3+本人の老齢厚生年金額×1/2

上記の金額で大きい方から老齢厚生年金を減算した金額が、併合調整後の遺族厚生年金となります。

下記に例を記載します

Aさんは、65歳までに遺族厚生年金を60万円受給

その後、65歳から下記の年金を受給できると仮定した場合、年間、月額でいくらの年金が受給できるのかを記載します。

 ■ 老齢厚生年金:30万円
 ■ 老齢基礎年金:65万円

まず、「遺族厚生年金×2/3+本人の老齢厚生年金額×1/2」を算出します。

上記の式に金額を合わせると下記の通りになります。

60万円 × 2/3 + 30万円 × 1/2 = 55万円

 ■ 上記で算出した55万円
 ■ 遺族厚生年金:60万円

を比較すると、遺族厚生年金の60万円の方が大きい金額になるので、

60万円-老齢厚生年金:30万円

を算出すると併給調整の金額が30万円となります。

その為、Aさんが受け取れる金額は、

 ■ 老齢基礎年金 :65万円
 ■ 老齢厚生年金 :30万円
 ■ 併給調整の金額:30万円

となり、上記金額を算出(65万+30万+30万円)すると、Aさんが年間に受給できる年金額は、125万円の金額を受給することになります。

月額にすると「104,166円」の年金を受給できることになります。

7311b.png

それでは、実際に旦那さんが亡くなった場合、遺族年金はどれくらい受給ができるのか疑問に思われると考えます。

以降に令和元年のデータになりますが実際に受給している遺族年金の金額を以降に記載します。

実際に受給できる遺族年金は?



令和元年のデータになりますが、実際に受給している遺族年金に関しては、厚生労働省からデータが公開されています。

詳しいデータに関しては、厚生労働省 「厚生年金保険・国民年金事業の概況」に記載がありますので興味がある方は参照してみて下さい。

それでは、令和元年での遺族年金の受給額は以下の金額となっております。

 ■ 遺族基礎年金:83,644円
 ■ 遺族厚生年金:83,285円


上記の金額は、あくまでも受給できる遺族年金の平均の金額になります。

必ずしも上記の金額を受給できるわけでもないので、実際に受給できる遺族年金の受給条件などは過去に記事を記載していますので確認してみて下さい。


最後に:共働き夫婦が不公平な遺族年金とは



どうでしょうか?

遺族年金|共働き夫婦は不公平|働くほどもらえない!

に関して記載しました。

上記にも記載しましたが、年金は、1人1年金と言う考えですので、同じ部類の

 ■ 老齢厚生年金
 ■ 遺族厚生年金

を同時に受給することが出来ません

その為、共働きの夫婦の方で、実際に受給できる老齢厚生年金が夫婦でほとんど同じ場合は、遺族厚生年金は、受給できないものと考えて下さい。

奥さんの受給できる老齢厚生年金が旦那さんの遺族厚生年金よりも少ない場合は併給調整された遺族年金を受給することはできます。

しかし、共働きでない専業主婦では、少し事情が変わります。

専業主婦は、基本的に年金は収めていませんので、老齢厚生年金は受給できません。(結婚前に会社員であった場合は、受給できますが)

その為、専業主婦は、会社員の旦那さんが亡くなった場合、基本的には、満額で遺族年金を受給することが出来ます。

このことを踏まえると、共働きで働く夫婦の方は、非常に不公平と感じるのかもしれません。

特に、奥さんの方が、給与が多かった場合や旦那さんと同じ金額であった場合は、遺族厚生年金を受給できないと言う状態になります。

その為、遺族厚生年金だけ考えると、正直、今まで働いて納めていた厚生年金は一体何だったのかと考えてしまうかもしれません。


しかし、遺族厚生年金に関してだけ言えば、もっと不公平と感じられる男女の違いがありますので、その内容は、次の記事に記載します。

皆さんは、どのように思いましたか?
コメントがあれば、よろしくお願いします。





ブログランキングに参加しています。
記事の内容に好感を持っていただけましたら、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
BLOG RANKING



記事:はっぴー@happyoldage
趣味で始めたFPの資格取得からブログを書き始めました。
記事の内容に関しては、うそを記述しているつもりはありませんがこれはなどの話があれば、コメントをください。
皆さんの幸せのお手伝いができれば幸いです。

本記事は2021/9/30に記事を訂正しています。

関連記事

コメント

非公開コメント

happyoldage

管理者:はっぴー@happyoldage0

老後をどう楽しく過ごせるのか?を考えていた時にFPの資格を目指し、現在は、2級FP技能士を取得しています。

取得した資格を生かせないかと考え始めたのが当ブログになります。記事を書くほど、このまま老後を迎えて問題ないのかと心配してしまいます。老後の資産運用は、若いうちからコツコツと複利効果で資産運用をしていくことがお勧めです。老後はまだ先と考えず、準備を始めませんか?

コメントを頂けると励みになりますのでよろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

ブログ村の入口
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングの入口

最新の記事

年金だけでは生活費が不足する|老後資金をどう確保する?【投資信託】 Oct 27, 2021
専業主婦の年金額は約78万円|老後資金をどう増やす【年金】 Oct 25, 2021
老後の資金はいくら必要?|65歳までに準備するべき資金は?【老後】 Oct 20, 2021
年金がもらえないは嘘。でも年金だけで生活は非常に厳しい【老後】 Oct 15, 2021
専業主婦の年金受給はずるい?|専業主婦優遇は廃止すべきなのか【老後】 Oct 08, 2021