FC2ブログ

夫が亡くなった場合、遺族年金は、いくら貰えるのか【年金】

プロフィル
ゆっくりお風呂


記事を読んでいただきありがとうございます。はっぴー@happyoldage0です。

今回は、旦那さんが亡くなった場合の、遺族年金に関して記載します。
どちらが長生きすか、知っていますか?
2019年の厚生労働省からのデータで言うと、女性のほうが6歳も長生きできます。

・男性:81.25歳
・女性:87.32歳

そのことを考えると、旦那が死別した後のことを考え、貯蓄を考える必要があります。
貯蓄の前に、老齢年金と言うものがありますので、それを理解しましょう。


遺族年金の種類は!


まず、遺族年金には、下記に分かれます。

・遺族基礎年金
・遺族厚生年金

それぞれの遺族年金に関しては、下記に記載していきます。



遺族基礎年金

遺族基礎年金に関しては、日本年金機構の「遺族基礎年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)」を参照願います。
また、受給方法は、日本年金機構の「遺族基礎年金を受けられるとき」を参照願います。

簡単に遺族基礎年金を説明すると!

「老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡」した時で、「子のある配偶者」または「子供」が受給可能です。

子供の定義は「18歳未満の子供か、20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子」になります。

要するに、18歳未満(障害等級1級、2級の場合は20歳)の子供がいる場合は、受給できますが、子供がいない場合は受給できません

なので、自営等の奥さんは、旦那さんが亡くなった場合は、ほぼ貰えないと思ったほうが良いです。なので、いざと言う時のために、旦那さんに対して死亡保険等を加入するなど検討が必要です。

受給金額は、下記の通りになります。
780,100円+子の加算

子の加算
第1子、第2子 各224,500円
第3子以降    各74,800円

遺族厚生年金

遺族基礎年金に関しては、日本年金機構の「遺族厚生年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)」を参照願います。

また、受給方法は、日本年金機構の「遺族厚生年金を受けられるとき」を参照願います。



簡単に遺族厚生年金を説明すると!

遺族基礎年金のように、子供の有無で条件は変わりません。

基本的に受給は可能です。
また、奥さんの年齢が、40歳~65歳未満でも「中高齢の加算」が受給できます。
遺族厚生年金として、「585,100円(年額)」が加算されます。

40歳以下はと言うと、受給はできません。
まだ、若いので、「頑張れ!」と言うことなのかと思います。

では、実際、専業主婦の方はいくら貰えるかになります。
今まで受給していた、旦那さんの、老齢基礎年金部分の3/4を受給できると考えていただければ問題ありません。

要するに、 ※ここでは計算を楽にするため端数は使いません

旦那さんが年金を年間200万円もらっていた場合
・老齢基礎年金:70万円
・老齢厚生年金:130万円

だった場合
130万円×3/4 = 975,000 月額:81,250円を受給できます。

奥さんが、老齢基礎年金を満額受給できることを仮定すると
年額:780,100円 月額:65,008円

年額は、975,000円+780,100円=1,75,100円になります

月額は、1,75,100円÷12=146,258円になります。

最後に!


自営業の奥さんに関しては、正直、老齢基礎年金は、受給できると思わないほうが良いです。
なので、旦那さんが亡くなった場合は、自力でどうにかするしかありません。

専業主婦の奥さんは、年金を受給しているのならば、旦那さんの老齢基礎年金(25年の加入が必須)の3/4を受給することは可能です。

また、旦那さんが亡くなった時に、40歳~65歳ならば「中高齢の加算」も受給可能ですので、何とかなるのではないでしょか。

上記をみてどうでしたか?

自営業の奥さんは何らかしたの対応が必要そうです。
専業主婦の奥さんは、何とかなるのかなと思います。でも、これは、あくまでも、受給できるお金の話のみであり、これからの人生をどうするかは、別問題です。

旦那さんが亡くなり、今後をどうするかは、奥さんのほうで色々と考えはあると思いますが、今後の人生をどうするかは、各自の判断ではないでしょうか。
だって、お金があっても、幸せかどうかは、誰にも分かりません。




記事:はっぴー@happyoldage
趣味で始めたFPの資格取得からブログを書き始めました。
記事の内容に関しては、うそを記述しているつもりはありませんがこれはなどの話があれば、コメントをください。
皆さんの幸せのお手伝いができれば幸いです。

下記応援をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメント

非公開コメント

happyoldage

今まで、働いてきて老後破綻とかは嫌ですね。巷で言われている、老後の資金は本当に2000万円以上が必要なのでしょうか?
年金は、意外と貰えます。しかし、申請も必要です。
30代以上の方まだ先がありますが、意外と短いです。今後の貯蓄も含め検討しませんか?

問合せ先
mail:tzdof74037@yahoo.co.jp

ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

ブログ村の入口
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングの入口

最新の記事

給料が少ないと嘆くのでなく株の配当金で収入を増やしませんか?【貯蓄】 Jul 10, 2020
専業主婦の方:iDeCo(イデコ)ではなく、つみたてNISAで老後の資産運用をしましょう【貯蓄】 Jul 09, 2020
iDeCo(イデコ)では、どの商品を購入すべきか?【貯蓄】 Jul 07, 2020
年金の繰上げ支給を行うと得をする方が多いいのはご存知ですか?【年金】 Jul 07, 2020
年金運用19年度:8兆円越えの赤字。私たちの年金はどうなるのか【年金】 Jul 05, 2020