国民年金:納めたほうが得をするのか?何歳で元が取れる?【年金】 - Happy old age(幸せな老後)
FC2ブログ

国民年金:納めたほうが得をするのか?何歳で元が取れる?【年金】

172_アイキャッチ


記事を読んでいただきありがとうございます。はっぴー@happyoldage0です。

今回の記事は、

国民年金:納めたほうが得をするのか?何歳で元が取れる?

に関する記事になります。

今回の記事は、ゲスな記事にはなってしまいますが、国民年金は、収めたほうが得をするのか?

また、収めた場合、何歳まで長生きをすればよいのかに関して記事にします。

国民年金は、老後の年金と言うイメージが強い社会保険ですが、実は、「老齢基礎年金」以外にも、


障害基礎年金


遺族基礎年金


などの保障もあります。

なので、老後の年金だけをピックアップするのは、おかしな話ではありますが、収めるべきかに関して記載します。

国民年金は、20歳~60歳までの国民が加入する義務があるので、収めるべきか?などと言う選択はないのですが、

「納めたほうが得をするのか?」「何歳で元が取れる?」に関して、記載していきます。

詳細は以降に記載します。
以下目次です。





前回までの記事は、

少子化対策の意味ある?結婚新生活支援事業で補助金:30万から60万円へ【生活】

に関して記載しました。

記事の内容になりますが、少子化対策の一環と言うことで結婚新生活支援事業での補助金が倍額になると言う記事です。

もともと、前からあった事業のようでしたが、まったく内容を知らなかったので、どのような制度なのかを確認してみました

確認した結果

補助金を60万円に増額し、対象年齢も39歳などに変更され補助のハードルが下がり非常に取りやすく、来年以降に結婚を予定している方は「是非申請してみては」と思う制度です。

しかし、一点、気に入らない点が、市区町村が限定されているということです。

確認するとわかるのですが、都市部の市区町村は、対象外であることが分かります。

対象の地域に住んでいる方は、とても良い制度なのですが、都市部の市区町村が対象外なので誰をターゲットにしたい少子化対策なのか全く疑問です。

正直、不愉快な記事になってしまっていますが、記事の内容に興味を持たれましたら下記の記事を確認してみて下さい。

また、前回までの記事も気になるものがあれば、こちらもよろしくお願いします。

前回の記事

少子化対策の意味ある?結婚新生活支援事業で補助金:30万から60万円へ【生活】
使わないと損:Go Toトラベル 第2弾が10/1から開始。内容は?【生活】
専業主婦870万人が激怒した「年金半額」と言う報道。結局どうなった?【年金】






収めた方が得をするのか



国民年金は、収めたほうが得をするのかと言うと

結論から記載しますが、長生きをすればするほど得をする年金になります。

また、老齢基礎年金で受給できる金額は、65歳から78万円(年間)になります。

夫婦で受給しても156万円と言う金額なので正直、老後の生活を送ろうとした場合、国民年金だけでは心配な金額になります。

では、実際に、どれくらいまで受給できていれば元が取れるのかを簡単に記載します。

国民年金の社会保険料や老齢基礎年金の受給額は、令和2年での金額で算出します。

令和2年での金額は

20歳~60歳まで支払う社会保険料

月額:16,540円(月額)※を払い、20歳~60歳までの480ヵ月で「7,939,200円」の金額を支払うことになります。

※前納(2年、1年、6カ月)で、国民年金を納めていると支払う金額は少なくなります。

しかし、2年の前納などの場合は、381,960円を支払うことになり金額自体大きな額になります。

また、支払う時期も決まっているので、前納で払う場合は、時期をよく確認してから対応して下さい。


支払額は、日本年金機構 「国民年金保険料」から参照して下さい


65歳から受給する老齢基礎年金

月額:65,141円になり、年間で言うと「781,692円と言う金額になります。

上記での金額を考慮し、以降に何歳で元が取れるのかを記載します。




何歳で元が取れるのか



今までの金額から国民年金はどれくらい長生きすれば元が取れるのかを記載します。

まずは、支払い期間は、20歳~60歳までなので

7,939,200円」になります。

計算式は、「16,540円×480ヵ月」で算出していますので、これは、国民年金を満額支払った方の金額ですので注意して下さい。


65歳から受給できる老齢基礎年金になります。

年間:781,692円

計算式は、「65,141円×12ヵ月(1年分)」で算出しています。

若干誕生日の時期で期間がずれますが、面倒なことは省略しています。


上記の金額で支払った社会保険料:7,939,200円65歳から受給できる老齢基礎年金(年額):781,692円で計算すると、

老齢基礎年金を65歳から受領開始すると、約75歳で元を取ることができます。

また、


男性の平均寿命:82歳


女性の平均寿命:87歳


を考慮すると

男性は、+6,131,256円となり利益率で言えば、1.93%になります。

女性は、+10,039,716円となり利益率で言えば、2.54%になります。

なので、平均寿命まで長生きした場合、男性:約6百万以上女性:約1千万円以上の金額を得したことになります。

金額だけ考えれば、こんなに立派な制度は正直ないのではないのかと考えます。

これは余談ですが、

人生100年時代で計算すると、約2千万円以上得することになり、利益率で言えば3.35%になります。

国民年金以外の個人年金などの利益率で言えば、1%以下がほとんどですので、国民年金が通常の個人年金などと比べればとても良い商品と考え問題ないです。

また、国民年金は、終身保険ですので長生きをすればするほど得をします

過去に日本人の平均寿命に関しての記載を行いましたので興味がある方はご参照願います。

上記は、平均寿命でしたが、実は、平均寿命の中央値


男性:84.23歳


女性:90.11歳


となっており、実は、平均寿命よりも長生きする方が多いこともわかります。

 ◆◆◆ 関連記事 ◆◆◆ 


日本人の平均寿命






そもそも国民年金とは



国民年金に関しては、過去のブログ記事でも記載していますが、国民年金は、65歳から受給する老齢基礎年金だけに目を向けられますが、実は、「老齢基礎年金」以外に


障害基礎年金

遺族基礎年金

寡婦年金

死亡年金一時金


なども公的年金の給付も対象になっています。

なので、国民年金は、税金と言う意味合いよりも、社会保険と言う意味合いが大きいと思ってもらってよいと思います。

何が言いたいかと言うと、国民年金は、老齢基礎年金をもらう為だけに収めているという考えはまず捨ててもらったほうが良いです。

上記の説明で、国民年金とは?と思われた方は、過去のブログの記事を確認してみて下さい。


 ◆◆◆ 関連記事 ◆◆◆ 





最後に:国民年金:納めたほうが得をするのか?



どうでしたか?

国民年金:納めたほうが得をするのか?何歳で元が取れる?」に関して記載しました。

国民年金は、20歳~60歳までに支払っている金額が正直少ない金額である為、65歳から受給できる年金額も少ない金額になっています。

しかし、支払っている金額からすれば、65歳から受給できる金額は決して少なくなく長生きをすればするほど支払う金額よりも元を取れることができます。

個人で資産を運用したところで、国民年金なみの運用利率は稼げません

また、国民年金を商品ととらえた場合、とても良い商品です。

なので、大人しく収めるのがベストだと思います。

正直、「年金支給額が減額される」「年金支給開始年齢が65歳でなくなる」などが発生した場合は、今回記載した論理は通用しません

その為、将来、どうなるかは未知数ですが、年金制度は100年問題ないと言われていますのでその言葉を信じて社会保険料を納めてみてはどうでしょうか

国民年金の支払いは、国民の義務ですのでその点は勘違いしないで下さい

しかし、国民年金だけでは、老後の生活は心配です。

他の運用なども検討する必要がありますので、老後の資産運用を検討してみて下さい。


 ◆◆◆ 関連記事 ◆◆◆ 


老後の資産運用に関して




どのような運用をすべきか




皆さんは、どのように思いましたか?
コメントがあれば、よろしくお願いします。





ブログランキングに参加しています。
記事の内容に好感を持っていただけましたら、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
BLOG RANKING



記事:はっぴー@happyoldage
趣味で始めたFPの資格取得からブログを書き始めました。
記事の内容に関しては、うそを記述しているつもりはありませんがこれはなどの話があれば、コメントをください。
皆さんの幸せのお手伝いができれば幸いです。

関連記事

コメント

非公開コメント

happyoldage

管理者:はっぴー@happyoldage0

老後をどう楽しく過ごせるのか?を考えていた時にFPの資格を目指し、現在は、2級FP技能士 AFP認定を受けています。

取得した資格を生かせないかと考え始めたのが当ブログになります。記事を書くほど、このまま老後を迎えて問題ないのかと心配してしまいます。老後の資産運用は、若いうちからコツコツと複利効果で資産運用をしていくことがお勧めです。老後はまだ先と考えず、準備を始めませんか?

コメントを頂けると励みになりますのでよろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

ブログ村の入口
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングの入口

最新の記事

国民年金の加入期間が不足、年金を受給できないと思っていませんか?【年金】 Oct 23, 2020
r>gの法則:お金持ちになるためには何をすればよい?:ピケティ【貯蓄】 Oct 22, 2020
2022.4から年金の繰下げは75歳に変更。年金増額率は84%【年金】 Oct 20, 2020
スガノミクス発動:定額給付金は5万円?それとも15万円?【生活】 Oct 18, 2020
高齢者の年金格差が広がっていく。若者はこのままで問題ないのか【年金】 Oct 16, 2020