FC2ブログ

ポンジ・スキーム:投資詐欺に引っかからないためには【貯蓄】

162_アイキャッチ


記事を読んでいただきありがとうございます。はっぴー@happyoldage0です。

今回の記事は、

ポンジ・スキーム:投資詐欺に引っかからないためには

に関する記事になります。

記事の内容になりますが、たまに聞く投資詐欺(ポンジ・スキーム)に関しての記載になります。

ニュースなどを見ると、

「なんでこんな怪しいそうな商品を友人知人で購入?」

「よくこんな金額を投資したな?」

と考えさせられてしまいます。

この「ポンジ・スキーム」と言う用語をGoogleで検索すると色々と、この詐欺の内容が分かります。

「金融知識の少ない方」「人の好いお年寄り」などが騙されてしまうのだろうと考えさせられます。

それでは、「ポンジ・スキーム」とは、どのような詐欺なのか。

そして、どのように騙されて行くのかを記載していきます。

また、我々が、投資詐欺に引っかからないためには、どのような行動を心がけていくべきかを記載しましたので確認してみて下さい。

詳細は以降に記載します。
以下目次です。




前回までの記事は、

au PAYポイント運用投資もうかるの?:6カ月目の状況【貯蓄】

に関して記載しました。

記事の内容は、ひっそりと実施しているau PAYポイント運用投資の6カ月目の状況の報告になります。

au PAYポイント運用投資は、コロナショックで株価が暴落したころの2020/3/12から開始しています。

現在の運用利益ですが、6カ月目ではありますが13.5%と言う好成績ではないでしょうか。

特に何をしたと言うわけでもありませんが、基準値段が下がった時に購入し、値段が上がったら売却することを繰り返していました。

今年は12月まで運用を行い、このまま好成績が残せればと言う記事でした。

記事の内容に興味を持たれましたら下記の記事を確認してみて下さい。

また、前回までの記事も気になるものがあれば、こちらもよろしくお願いします。

前回の記事

au PAYポイント運用投資もうかるの?:6カ月目の状況【貯蓄】
熟年夫婦:若いうちにやっておけばよかったこと。第1位は?【生活】
新型コロナ:ワクチン接種の自己負担無料を政府が検討【医療費】



ポンジ・スキームとは



まずは、ポンジ・スキームについて簡単に記載すると、

詐欺の一種になります。

このポンジ・スキームの名前の由来になりますが、

この「ポンジ」になりますが、アメリカの「チャールズ・ポンジ」の名前が由来です。

チャールズ・ポンジは、約100年前の投資詐欺を実施した方です。

最後のスキームに関しては、「体系的な計画」と言う単語のスキームが付いたものと思われます。

なので、この詐欺は古くからある古典的な詐欺でありますが、「高配当」「高利回り」をうたい出資者からお金を巻き上げる手法です。

通常の出資は、

出資者からお金を集め運用を行い、その利益を出資者に配当金とし還元することになります。

しかし、このポンジ・スキームでは、

・出資者からお金を集めたいだけ集め

・運用は一切せず

・出資者から集めたお金を、出資者に配当金と偽り渡す

と言うことをする詐欺です。

出資者は、実際に、配当金が受け取れますので、最初の内は詐欺とは判断できません。

その為、多くの配当金をもらおうと多額の金額を出資してしまうので気が付くと被害額が大きくなっていると言う質の悪い詐欺です。

このような詐欺が多いい為、投資にはあまりいい印象が日本人にはないのかもしれません。



ポンジ・スキーム詐欺の例



まず、ポンジ・スキームとは、具体的にどのような詐欺なのかを以下に例で記載します。

詐欺者Aは、出資者Aに下記の内容で出資者Aに投資を勧めます。

・出資金額には年利20%の配当が出る

・元本保証


出資者A   詐欺者A
100万円 → 100万円を受取る


1年後

出資者A   詐欺者A
20万円  ← 20万円の配当金を受け渡す


出資者Aは、配当金が入ったことで

・詐欺者Aを信頼し出資金額を増額(ここでは、+1,000万円)

・知人を紹介(出資者が増えていく)


2年後

出資者A   詐欺者A
220万円  ← 220万円の配当金を受け渡す

出資者Aは、配当金が入ったことで

・さらに出資金額を増額

・さらに知人を紹介(出資者が増えていく)


詐欺者Aは、さらにお金を回収しようと

・出資した金額1,100万円の配当金を受け取る(単利)のではなく、元本と配当金を合算して運用(複利)をすることを進める※

※要するに、出資者Aに配当金を渡さずに、もっと元本を増やさないかと持ち掛ける


詐欺者Aは、出資者Aのお金出資者Aの知人友人から巻き上げたお金に関して、ある程度回収出来たら何も言わず逃げる


この詐欺は、上記の例でも記載しましたが長期間実施されます。

その為、気が付いたときは、かなり金額を巻き上げられているケースが多く非常に被害額が大きくなります。

よくニュースなどで、なんでそんな投資詐欺に引っかかるのなどと思いませんか?

それには、配当金と言う飴で信用させお金を巻き上げ出資者の知人からもお金を巻き上げると言う最低な詐欺です。

日本で言えば、資産運用もせず、集めた出資金を「自転車操業」で回しお金が無くなれば配当金も配当金も分配できず破綻するのが落ちです。

実際のポンジ・スキーム詐欺では、2008年に逮捕されたナスダック元会長のマドフ氏の事件は覚えている方お多いいのではないでしょうか。

裕福層を主にターゲットにし被害総額が日本円で6兆円とも言われている詐欺事件です。

被害者には、スティーブン・スピルバーグなどの著名人もおり、日本の企業では、野村證券も被害に遭っています。

金融業界で言えば、ナスダック元会長のマドフ氏などは地位も信用もあるような方なので、
金融のプロである野村證券でも引っかかる詐欺だったのかもしれません。



投資詐欺に気を付けるべき点



まずは、

投資の世界に元本保証などはないと言うことを理解する必要があります。

国や会社が元本を保証しますと言われても

・国がデフォルト(破産)しないとは言えません

・会社が倒産しないとは言えません

特に会社に関して言えば、倒産した場合は、元本など保証はしてくれないと考えるべきです。

無いものは、払えません。


次に

運用利回りが高いものには気を付ける必要があります。

投資王と言われているウォーレンバフェットでも約20%の運用利率と言われています。

上記を考えると、バフェットでも約20%の運用利益ですので、その辺の会社に20%などの運用利益が出せるわけがありません

仮にバフェットの運用利回り20%元本100万円で運用(複利)した場合、30年後には、預けた100万円が、2億3千万円になります。

この話を聞いて、どう思いますか?

こんないい話があるわけがありません。

正直、みんなハッピーライフを送れます。

私の私見ですが、運用利回りが10%を超える物は注意が必要です。

通常4%、5%でも高いと思ったほうが良いと私は考えます。


次に

投資する物や勧誘して来る人が何者かを調べる必要があります。

特に現在は、ネットが普及していますので

・どのような投資をする物なのか?

・運用内容は?

・勧誘して来る人が勤めている会社は?


最低限、投資をする前に上記の3点は、確認してみる必要があるのではないでしょうか。

私の私見ですが、「良くわからないものには投資をしない」と考えています。

少ない私の資産なので、運用するのであれば、納得できる物に投資をしたいと考えています。

特に人を紹介しろと言われた場合は、要注意です。

何かあった場合、その人との信頼関係にもひびが入ってしまいます。



最後に:投資詐欺にかからない為には



どうでしょうか?

「ポンジ・スキーム:投資詐欺に引っかからないためには」に関して記載しました。

ニュースを見ていると投資詐欺に引っかかっている方をたまに見ます。

なぜ、こんな胡散臭いものにお金を預けるのだろうか?と考えてしまうニュースが良くあります。

・良くわからない投資先

・べらぼうに高い運用利回り

・こんな胡散臭い奴に金渡したの?

と考えてしまいます。

しかし、よくよく調べてみると、このポンジ・スキームと言う詐欺、なかなか人の心をついたことをします

最初は、信用が無いので少ない金額で運用を行う。

1年後に

「配当金を受取り」

「これは本物だと信用させ」

「さらに多額の金額を融資し」

「さらに知人も紹介」

させる。

それで、お金がある程度たまったら、

・逃げるか

・会社を破産させ逃げるか

などをするとんでもない詐欺です。

なので、こんなことに自分のお金を持っていかれたくありません

また、紹介した人との信頼関係も無くなってしまいます

このことを考えれば、自分の身は自分で守らないといけないので、ある程度は金融リテラシーを向上させ詐欺に遭わない(あっても回避でキス体)ような知識を身に着けたいです

皆さんは、どのように思いましたか?
コメントがあれば、よろしくお願いします。





ブログランキングに参加しています。
記事の内容に好感を持っていただけましたら、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
BLOG RANKING



記事:はっぴー@happyoldage
趣味で始めたFPの資格取得からブログを書き始めました。
記事の内容に関しては、うそを記述しているつもりはありませんがこれはなどの話があれば、コメントをください。
皆さんの幸せのお手伝いができれば幸いです。

関連記事

コメント

非公開コメント

happyoldage

管理者:はっぴー@happyoldage0

老後をどう楽しく過ごせるのか?を考えていた時にFPの資格を目指し、現在は、2級FP技能士 AFP認定を受けています。

取得した資格を生かせないかと考え始めたのが当ブログになります。記事を書くほど、このまま老後を迎えて問題ないのかと心配してしまいます。老後の資産運用は、若いうちからコツコツと複利効果で資産運用をしていくことがお勧めです。老後はまだ先と考えず、準備を始めませんか?

コメントを頂けると励みになりますのでよろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

ブログ村の入口
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングの入口

最新の記事

専業主婦870万人が激怒した「年金半額」と言う報道。結局どうなった?【年金】 Sep 19, 2020
注意:会社を退職した時の市民税。市民税は貯金が無いとやばい【税金】 Sep 17, 2020
日本年金機構:事務処理ミス1,742件 影響は9億越え。我々はどう防御する?【年金】 Sep 15, 2020
9月中に開始:Go To Eatキャンペーン。どんなキャンペーン?【生活】 Sep 13, 2020
申し込まないと損:Go Toトラベルキャンペーン!いつまで?【生活】 Sep 12, 2020