【年金】国民年金のみで老後の生活は可能か?どうすれば年金が増やせるのか? - Happy old age(幸せな老後)
FC2ブログ

【年金】国民年金のみで老後の生活は可能か?どうすれば年金が増やせるのか?

014_アイキャッチ



記事を読んでいただきありがとうございます。はっぴー@happyoldage0です。

今回の記事は、

国民年金のみで老後の生活は可能か?どうすれば年金は増やせるのか?

に関して記載します。

7311b.png

我々が加入する年金の種類は、以下の3種類に分かれることになります。

kyo_001.gif

第1号被保険者は、自営業やフリーランス、学生、無職などの方が対象となり、国民年金に加入することになります。

第2号被保険者は、会社員や公務員の方が加入する年金で厚生年金に加入することになります。

第3号被保険者は、第2号被保険者の扶養である専業主婦(夫)が対象となり、国民年金に加入することになります。

今回の記事のテータは、国民年金が対象になりますので、第1号被保険者の方が対象となり、「老後に受給できる年金が国民年金のみで老後の生活は可能か?」を記載していきます。

また、国民年金は、20歳~60歳になるまでに加入することが義務付けられており、65歳から老齢基礎年金(未納期間が無い場合)として、


■約6.5万円(月額)
■約78万円(年間)


を受給することになります。

国民年金の場合は、65歳から受給できる年金額は、約6.5万円(月額)と心もとない金額で、夫婦で受給しても約13万円(月額)の金額になることになります。

この金額は、20歳~60歳になるまで未納期間が無い方が受給できる金額であり、未納がある場合は、さらに、受給できる金額は少なくなります。

それでは、どうすれば、受給できる年金額を増やすことが出来るのかを以降に記載していきます。

詳細は以下の通りです。
以降は目次です。




現状の国民年金の受給額


まずは、国民年金のみで老後の生活は可能について記載していきます。

国民年金加入者である第1号被保険者は、20歳から60歳になるまで国民年金に加入(強制加入)し、65歳から老齢基礎年金を受給することができます。

それでは、65歳から受給できる老齢基礎年金額ですが、20歳~60歳(40年間)になるまでの間に未納(払い忘れ)が無い場合は、


令和3年4月1日から
■月額:65,075円
■年間:780,900円


を受給することが出来ます。

その為、夫婦の場合(国民年金の未納が無い場合)は、


■月額:130,150円
■年間:1,561,800円


下記の金額を受給することができます。

しかし、上記の金額は、あくまでも税引前の金額※ですので、夫婦で年金を受給する時には、上記の金額から税金(雑所得)を引かれた金額を受給することとなります。

※65歳以降は、110万円以下の場合は、雑所得は引かれません。詳しくは、国税庁「高齢者と税(年金と税)」を参照して下さい。

老齢基礎年金でのみでは、年間:211万円を超えない為、住民税非課税世帯となり住んでいる市町村にもよりますが、国民健康保険などが減額されるメリットがあります。

住民税非課税世帯になったとしても、老後の生活状況を考えると、非常に厳しい老後生活を強いられるかもしれません。


しかし、第1号被保険者は、自営業やフリーランスの方が多く、会社員の方のように定年退職と言う考えが無い為、65歳以降も働くと言う選択もあります。

その為、全ての第1号被保険者の方が老後生活がひっ迫するのかと言うとそうでもないのも事実です。

老後は、いつまでも体が健康と言うこともありませんので、受給できる老齢基礎年金額と向き合ってみる必要があると考えます。


また、金融庁が2019年に報告した「高齢社会における資産形成・管理」にて、問題となった、2,000万円問題ですが、この対象は、

■会社員である旦那さんと専業主婦の奥さん

がモデルとなっています。

その為、国民年金のみ加入の第1号被保険者の方は、2,000万円問題の対象ではなく、不足する金額は、2,000万円どころの話ではないと言うことは理解して下さい。



●2,000万円問題とは

老後の収支の話になりますが、


■生活費が26万円
■年金の収入が21万円


となり、月額5万円が不足することになり、この生活を30年間続けた場合は、1,800万円が不足することから、2,000間万円問題と言われています。

その為、65歳までに年金以外に貯蓄を2,000万円する必要があると言われ、この2,000万円と言う数字が独り歩きしてしまっています。


しかし、この理論を、第1号被保険者の夫婦で考えると


■生活費が26万円
■年金の収入が13万円


となる為、不足する金額は、13万円となり、仮に、30年間この生活を行うと、


■約4,700万円


が不足することが分かります。

その為、第1号被保険者の方を対象にすれば、老後に不足する金額は、2,000万円どころの話ではないことは理解して下さい。

65歳以降も働くと言う考えであればいいですが、不足する金額(13万円)を年金以外で収入を得るか、貯蓄をしておくかを行う必要があります。

何度も言いますが、いつまでも体が自由に動くわけではないので、ある程度は貯蓄などを準備をしておく必要があるのかもしれません。

それにもかかわらず、この2,000万円問題に関して言えば、「だましたな!」「払った金を返せ!」などと言っている方がいます。

受給できる老齢基礎年金の額は、分かりきっているにも関わらず上記の発言は年金の認識が欠如しているものと考えます。

その為、自分の将来には、いくらの資産が必要か改めて考える必要があるのではないでしょうか。

貯蓄もなく老齢基礎年金のみでやっていこうとする考えは、「考えが甘いと言わざるを得ません

自分の年金受給額がどうなっているかは、日本年金機構の「ねんきんネット」で確認してみてはどうでしょうか。





将来の年金をどう増やすか



7acde8bd42ce9464abd1ab84a1d5f3d4.png

まず、記載しておきますが、65歳から受給できる老齢基礎年金の受給額が少ないからと言って、貯蓄や投資をあおっているわけではありません

それでは、国民年金加入者(第1号被保険者)が、65歳から受給できる老齢基礎年金額どのようにすれば増額できるのかを記載していきます。


国民年金を増額させる
■老齢基礎年金部分の繰下げ支給
■国民年金基金に加入
■付加年金を申請
■iDeCo(イデコ)に加入
■国民年金の未納がある場合:任意加入制度を利用
■個人年金保険の加入

国民年金の支払額を減らす
■国民年金保険料の前納制度





(1)繰上げ支給、繰下げ支給


第1号被保険者は年金の受給資格※1を満たすと、65歳から老齢基礎年金を受取ることが出来ますが、例外として


■繰上げ支給
■繰下げ支給


を行うことで年金を受給する年齢を60歳~70歳(※2)まで変更することが可能です。

(※1)受給資格は、日本年金機構「老齢基礎年金の受給要件・支給開始時期・計算方法」を参照して下さい。
(※2)2022.4以降の年金繰下げ支給は、70歳から75歳に変更することが可能です。

7311b.png

この年金の内容を簡単に記載すると


繰上げ支給:65歳になる前(60~65歳まで)に年金を受給することが可能
繰下げ支給:65歳以降(65~70歳※まで)に年金を受給することが可能
※2022.4月からは、75歳まで変更することが可能です


今回のブログのテーマは、年金を増やすと言うことがテーマになりますので、「繰下げ支給」に関して記載を行います。



●繰下げ支給(65歳~75歳まで)

年金の支給開始時期を66歳以降に繰下げて支給することで本来受給できる年金額を増額させることが可能です。

年金を繰下げるメリットになりますが、「繰下げた月数×0.7」分が将来受給できる年金額が増加することになります。


65歳から受給できる年金が6.5万円の場合、年金受け取り年齢を65歳から70歳に変更した場合、「9.23万円を受給(終身)することが可能


それでは、年金の繰下げ支給の手続きがどのようになっているかと言うと、65歳になる月に日本年金機構から年金請求書が送付されます。

請求された年金請求書にて、老齢基礎年金・老齢厚生年金の繰下げ受給をする欄があるので「〇」を記載し年金請求書を送付すれば、年金を繰下げることが可能になります。

老齢基礎年金、老齢厚生年金の両方を繰下げる場合は、請求書の提示は不要です。



●年金の受給手順

上記までに年金の繰下げ支給に関しての記載をしました。

記載内容を見てみるとわかる通り、年金請求書を送付しないと言うことになるので、年金は支給しなくて良いと言う意思表示をしたことになります。

その為、年金の繰下げ支給をしている場合で、年金を受給したくなった時は、年金を支給して下さいと言う申請(年金請求書)をする必要がありますので注意して下さい。

年齢が70歳になったからと言って年金が勝手に振り込まれると言うことはありませんので注意して下さい。

「70歳になっても年金が受給できないな?」とゆうちょな考えでいると本来受給できるはずの年金が受給できずをするだけになります。

その為、年金を受給したいのであれば、年金請求書を年金事務所に送付する必要があります。

注意:手続きをし忘れて年金をもらい忘れてしまった場合は、日本年金機構「年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)」の提出が遅れたとき。」のQ&Aがあるので確認してみて下さい。



●受給できる年金額は

それでは、65歳から受給できる年金を繰下げた場合、どれくらいの年金が受給できるのかを以降に記載します。

増額される年金額は、1ヵ月繰下げることで、年金受給額が0.7%増額されることになります。

この増額される年金は、一生増額(終身)されることになる年金です。

また、以降に記載しますが、付加年金に加入していた場合は、付加年金も増額の対象になることになります。

繰下げ支給に関しては、単純に年金が増加されるだけでなく注意事項もあるので、日本年金機構「老齢厚生年金の繰下げ受給」を参考にしてください。


■年金受給額が6.5万円の場合
66歳  7.05万円
67歳  7.59万円
68歳  8.14万円
69歳  8.68万円
70歳  9.23万円


2022.4年以降は、75歳まで繰下げることが可能となり


■年金受給額が6.5万円の場合
71歳  9.78万円
72歳 10.32万円
73歳 10.87万円
74歳 11.41万円
75歳 11.96万円


を受給することが可能です。



●繰下げ支給を行うにあたり

年金の繰下げ支給に関しては、どこのWebを見てもいい事しか書いていません。

受給できる年金額は、確かに増額されることになりますが、厚生労働省「健康寿命のあり方に関する有識者研究会 報告書(2019年3月)」のデータを見る限り


■健康寿命
男性:72.14歳
女性:74.79歳


となっています。


その為、男性で言えば、70歳まで年金を繰下げた場合、健康で入れる年齢があと2.14歳となり、また、女性でも、4.79歳です。

今後は、平均寿命が延びてくると言うデータも出ており、健康寿命も増加するのではないかと考えられます。

320_002.gif

その為、安易にお金が増えるからと言って無理な生活を行って、年金の繰下げ支給を行ってもなにもいいことが無いかもしれません。

理由は、お墓にはお金を持っていくことはできませんので、年金の繰下げ支給を行うのであれば、よく考えてから実施するべきと私は考えます。



(2)国民年金基金


まず、国民年金基金に関しての記載になります。


国民年金基金制度とは
国民年金法の規定に基づく公的な年金であり、国民年金(老齢基礎年金)とセットで、自営業者など国民年金の第1号被保険者の老後の所得保障の役割を担うものです
※国民年金基金のHPから引用


要するに、第1号被保険者(自営業やフリーランスの方)にも会社員(第2号被保険者)が加入している厚生年金のような制度を導入した年金制度です。

公的年金の階層構造で言うと、下記の図の赤枠の箇所が該当します。

公的年金階層_国民年金基金

国民年金基金に関しては、過去の記事があるので参照願います。


  ◆◆◆ 過去の記事 ◆◆◆ 
・【年金】国民年金の方は必見。どうすれば年金が増える?国民年金基金とは




(3)付加年金


付加年金を簡単に説明すると、国民年金保険料とは別に「月額:400円」を納めることで老齢基礎年金とは別に付加年金を受給することが出来ます。

付加年金の受給額は、


■200円×付加年金加入月


を受給(年間)できます。

どれくらい受給できるのかと言うと、20年(240ヶ月)付加年金を納めた場合(96,000円)、65歳から受給する老齢基礎年金に


■48,000円(年間)


が加算(月額:8,000円)されます。

この付加年金は、月々の掛金が400円と少ない為、受け取れる金額(月額:200円)が少ないと言う難点がありますが、2年間受給することが出来れば元が取れる素晴らしい年金です。

しかし、付加年金は、国民年金基金に加入した場合は、付加年金に加入することはできません

その為、国民年金基金の掛け金が厳しい場合は、付加年金に加入するなどを検討してはどうでしょうか。


  ◆◆◆ 過去の記事 ◆◆◆ 
・【年金】国民年金の方必見。年金を増やす方法。付加年金とは




(4)確定拠出年金(個人):iDeCo


確定拠出年金を簡単に記載すると、拠出された掛け金が個人ごとに明確に区分され、加入者個人が自己責任のもと掛け金を運用し、運用成果をもとに年金給付額が決定する年金制度になります。

確定拠出年金は、主に


■企業型
■個人型(iDeCo)


の2種類に分かれており、今回は、第1号被保険者のテーマに記載しているので「個人型(iDeCo)」に関して記載します。

「個人型(iDeCo)」は、下記の図の赤枠の箇所です。

iDeCo公的年金階層_



●加入対象者

■60歳未満
■第1号被保険者
■第2号被保険者
■第3号被保険者

●掛金

■第1号被保険者
・年額:816,000円
・月額:  68,000円

■第2号被保険者(会社員)

企業年金、確定拠出年金(企業型)を実施していない
・年額:276,000円
・月額:  23,000円

企業年金・または、確定拠出年金(企業型)のみ実施
・年額:144,000円
・月額:  12,000円

■第2号被保険者(公務員)
・年額:144,000円
・月額:  12,000円

■第3号被保険者
・年額:276,000円
・月額:  23,000円

●掛金の拠出

■加入者個人にて掛け金を拠出します
■加入者が拠出した掛金は、全額所得控除


●個人型(iDeCo)の運用

「個人型(iDeCo)」は、各証券会社にて実施しており、運用手数料などを確認しながら加入して下さい。

基本的に「個人型(iDeCo)」は、加入者が自己責任のもと掛け金を運用するものですので、くれぐれも注意をしてください。

iDeCoはあくまでも投資なので、銀行の定期預金のように元本保証はしていませんので注意が必要です。

中には、元本確保商品もありますが、運用利率は非常に低く、手数料などを考えると老後資産には不向きな商品と考えます。


●確定拠出年金の給付

確定拠出年金の給付には、「老齢給付金」「障害給付金」「死亡一時金」「脱会一時金」があります。


(5)任意加入制度


20歳~60歳までに、未納等があり、国民年金が満額でもらえない場合に適用できる制度です。

60歳~65歳になるまでの5年間、国民年金を納付することで、未納期間を短縮することができます。

学生時代に未納だった方は、是非、任意加入制度を使用し、国民年金を満額にしてみてはどうでしょうか。

今は、学生でも納付の申請が来ます。

無視していると、かなり面倒な通知が来るので、今後は、未納の方が少なくなるのではないかと思います。


 ◆◆◆ 関連記事 ◆◆◆ 

・【年金】年金を払わないとどうなるのか



以下の方は加入できません

・国民年金の繰り上げ支給をされている方
・厚生年金に加入している



◆◆◆ 感想 ◆◆◆
払っていない時期があるのでしたら、納付しましょう。

しかし、5年間払ったとしても、加入期間が10年に満たないのならば考え物です。

払うだけ、馬鹿を見そうです。
70歳以上もできそうですが、そんな人は未納とかしないでしょう。と思います。



(6)国民年金保険料の前納制度


これは、年金を増やすというよりも、払う金額を減らすという運用になります。

前納に関しては、下記の物があります。

詳細は、日本年金機構の Web頁 に記載がありますので興味のある方は是非参照願います。


1ヵ月、半年、1年、2年を前納できます

2年前納は、15,650円が得とのこと


◆◆◆ 感想 ◆◆◆

支払う金額を少なくするという考えは理解できます。

全てがダメだというつもりはありませんが、2年分を支払うとありますが、月額:16,410円と考えると2年分で393,840円です。

それに15,650円引かれお得と言っています。

そうなのかもしれませんが、378,190円を夫婦で一括支払いすると756,380円です。

正直、現実的な金額ではありません。

保険料の納付を確保したい日本年金機構の考えもわかりますが、もう少し現実的な運用を考えていただきたいです。



(7)個人年金保険


これは、一般的な個人向けの保険です。

正直、国民年金基金、付加年金、iDeCoなどでも老後のお金が足りない場合に検討してみてはどうでしょうか。


これは、私の私見ですが、個人年金保険に加入するくらいであれば、つみたてNISAに加入したほうが良いと考えます。


 ◆◆◆ 関連記事 ◆◆◆ 







最後に:国民年金のみで老後の生活は可能か?


どうでしょうか。

国民年金のみでも、年金額を増やそうと思えば、それなりに対策はあります。

しかし、出費は増えます。

また、ネットで調べても、いい事しか記載されていない頁が多数あり、載せられて、安易な加入や申請はやめるべきです

まずは、自分は、年金を将来いくらもらえるのか

まずは、自分の年金がいくら貰えるか算出してみるのはどうでしょうか

日本年金機構で、ログインし「将来の年金額を試算する」で自分の年金額は算出できます


夫婦の場合は、奥さんの年金額も確認し、夫婦でいくら受給できるか。


老後は、どれくらいの生活をするのか。

そして、いくら足りないのかを考え、その足りない部分をどのように穴埋めするかを考えたほうが良いです。

安易に、老後のお金が心配ということで、多額の掛け金で保険に入り現在の生活が苦しくなってしまうのは考え物です。

また、年金も増えれば増えるほど、良いですが年金にも税金がとられます

要するに、貰えば貰うほど税金が増えます

年金にも211万円の壁があり、税金の軽減もあります。増やすか、211万円に抑えるかは今後の検討が必要そうです。

しかし、年金211万円の壁ですが今後は、金額が下がっていくのではないでしょうか。


(a)総括

・国民年金のみでは、生活は苦しそう

・国民年金以外の運用が必要か検討

・繰下げもよいが、まずは、
「国民年金基金、iDeCoの加入を検討」
「金銭的に厳しい場合は、付加年金を検討」

上記でも老後の貯蓄に心配があれば、個人年金保険の加入を検討してみてください。



 ◆◆◆ 過去の記事 ◆◆◆ 
・【税金・年末調整】2020年から変更される基礎控除額に関して(給与所得控除、公的年金等控除、青色申請特別控除)


皆さんは、どのように思いましたか?
コメントがあれば、よろしくお願いします。






ブログランキングに参加しています。
記事の内容に好感を持っていただけましたら、クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
BLOG RANKING



記事:はっぴー@happyoldage
趣味で始めたFPの資格取得からブログを書き始めました。
記事の内容に関しては、うそを記述しているつもりはありませんがこれはなどの話があれば、コメントをください。
皆さんの幸せのお手伝いができれば幸いです。

本記事は、以下の日付で記載内容を訂正しています。
2020.10.3
2020.12.4
2021.2.23

関連記事

コメント

非公開コメント

happyoldage

管理者:はっぴー@happyoldage0

老後をどう楽しく過ごせるのか?を考えていた時にFPの資格を目指し、現在は、2級FP技能士を取得しています。

取得した資格を生かせないかと考え始めたのが当ブログになります。記事を書くほど、このまま老後を迎えて問題ないのかと心配してしまいます。老後の資産運用は、若いうちからコツコツと複利効果で資産運用をしていくことがお勧めです。老後はまだ先と考えず、準備を始めませんか?

コメントを頂けると励みになりますのでよろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索フォーム

ブログランキング

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

ブログ村の入口
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングの入口

最新の記事

老後資金を投資信託で運用するには|リターンとリスクの考え方【貯蓄】 Dec 05, 2021
不安でたまらない老後|日本人は老後の生活費を心配しすぎ?【老後】 Nov 30, 2021
投資信託の分配金とは?|分配金がたくさん出るから良い投資信託とは限らない【貯蓄】 Nov 25, 2021
老後の貧困は自業自得?|老後生活に困らない為の準備は?【老後】 Nov 23, 2021
ゆっくり金持ちになりたい人はいないよ|バフェット氏が行う複利効果とは【貯蓄】 Nov 19, 2021